« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

大横川も桜開花!

 今日3月26日は、好天の上、風もなく穏やか。
にゃにゃ~ん、まさに春色御散歩日和。
桜祭りも間近の大横川の桜並木に様子伺い。

 冬の期間、通行止めにして、桜の手当てをしていたこの桜道。
戦後に植えられたであろう桜だから、相当の御歳。
川面に張り出していた枝もかなり剪定され、
中には、手当の甲斐なく蕾がまばらな樹もちらほら。
 遊歩道側は、建物の陰になりがちなので、まだ蕾の状態だけれど、
開くタイミングを見ているかの如き、桃色の膨らみ。
 そして、幾つかの樹には、数輪、開花した桜が!

150326sakura1_161134

 開花宣言の基準は、
「標準木に5-6輪の開花が観測された場合」。

 大横川の桜は、すでに開花!
この週末に向け暖かさで一斉に花開きそうな予感。

 願わくば、4月まで持ちこたえて、
二週にわたり、週末を楽しませてね。

150326sakura3_161825

心は日溜りの猫の如く
2015年3月26日
美菜香

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の桜開花

3月23日、
「気象庁が、靖国神社の標準木の開花を確認、開花を宣言」
近所の桜も気の早い桜はちらほら咲き始め。

 せっかく標準木近辺に行ったので、千鳥が淵の桜をウォッチング。

蕾はかなり膨らんでいるけれど、週末を待っているような。

150324sakura1_143027

けれど、やはりほころんでいる桜花をみると、
こちらも笑みがこぼれてしまう。

150324sakura2_143333

まだ北風強い九段下、
袴姿の女学生に、かつての自分を重ねつつ、
これから花開く桜にしばし凝視ってしまったのでした。

150324sakura3_143805

2015年3月24日
心は日溜りの猫の如く
美菜香

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永代橋の大寒桜-2015

 四月下旬並みの暖かさとなった4月17日。
散歩がてら、永代橋の袂の愛しの大寒桜に逢いに行った。

え!
にゃにゃ~ん!!
枝が半分になってる~~!!

 いつもの袂を広げる如き見事な枝ぶりが、
バッサリと剪定されて…。

 でも、近づいてみたら、見事に花がたわわに揺れている。
急に暖かくなったので一気に花開いたようで、丁度九分咲き。
開花の勢いが早かったせいか、花そのものが幾つか根元に落ちていた。

150317sakura1_170828

 そういえば、大横川の桜並木も、樹齢がかなり高くなっているため、

この冬の間に色々ケアを施したよう。
永代橋の大寒桜も、幹に亀裂もあるぐらいだから、かなりの御歳。
樹そのものに負担がかからないよう、
樹木医さんが色々よきに計らってくれたのか。

 バッサリ枝を落とされてしまった姿は、正直、痛々しいけれど、
これでもかと咲き誇っている桜花に生命の強さを感じ、
「私はまだまだ咲けるのよ」という声なき声を聴いたのでした。

2015年4月18日記
心は日溜りの猫の如く
美菜香

150317sakura4_171727

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年目の311

 4年目の3月11日を迎えた。

 4年前と同じ、抜けるような青空と、冷たい北風、。 
日経平均もドル円相場も、リーマンショック前の水準に戻った。
 でも、豊かな自然の恵みを受けた東北の生活は
4年前と同じ水準に戻ったのだろうか…。

 災害直後は、何かしたい気持ちでいっぱいだった。
でも、今よりも、これから先が大変なんだから、
今はエネルギーを保つことにして、未来に何かしようね、と、
前のめりになる気持ちに言い聞かせてきた。

 4年目のこの日。
私は、傾聴ボランティアとして、某所で、人生を重ねてきた皆さんと話していた。
震災に戦災を重ね、戦時中の事を思い出している人もいた。

 私はひたすら、語ることの葉に耳を傾ける。

 4年目の私の、少しでも「成長した姿」と思いたい。

 一方で、様々な報道特集を見て、
震災から4年経ち、様々な「進めない事」への苛立ちが顕れているように感じる。

 進みたい、でも進めない。
おそらく、この葛藤は長く続くのだろう。

 震災当時に、自らに言い聞かせるつもりで、
何度も当コラムに書いてきた。
 これからも続いてゆくかもしれない心の揺れのケアに、
寄りそい、そっと手を添えるセラピストでいたい。

2015年3月11日
心は日溜りの猫の如く
美菜香

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年目の311を前に

 今日3月10日は、東京大空襲から70年目。

 爆撃で焼け野原になった深川に住む者としては、
逃げまどい川に飛び込んだという人々の冥福を祈るばかり。

 そして翌3月11日は、東日本大震災から4年。
あっという間だったというのが実感。
各局が特集で被災地の今を伝えているけれど、
まだまだ復興しているとは言いがたい現実を複雑な思いで観る。

 東京もあの日は大揺れで、帰宅困難者も続出だった。
 私は自宅にいて事なきを得たけれど、
実家と連絡がつかず、落ちつかない時を過ごした。

 4年目の今、都心部は再生を果たしているかのようだ。
それだけに、少しづつ薄れて行くあの時の思いを、明日は再びかみしめ、
犠牲になった人の分も、これからの人生を大切にしてゆきたい。

心は日溜りの猫の如く
美菜香
2015年3月10日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »