« 4年目の311を前に | トップページ | 永代橋の大寒桜-2015 »

4年目の311

 4年目の3月11日を迎えた。

 4年前と同じ、抜けるような青空と、冷たい北風、。 
日経平均もドル円相場も、リーマンショック前の水準に戻った。
 でも、豊かな自然の恵みを受けた東北の生活は
4年前と同じ水準に戻ったのだろうか…。

 災害直後は、何かしたい気持ちでいっぱいだった。
でも、今よりも、これから先が大変なんだから、
今はエネルギーを保つことにして、未来に何かしようね、と、
前のめりになる気持ちに言い聞かせてきた。

 4年目のこの日。
私は、傾聴ボランティアとして、某所で、人生を重ねてきた皆さんと話していた。
震災に戦災を重ね、戦時中の事を思い出している人もいた。

 私はひたすら、語ることの葉に耳を傾ける。

 4年目の私の、少しでも「成長した姿」と思いたい。

 一方で、様々な報道特集を見て、
震災から4年経ち、様々な「進めない事」への苛立ちが顕れているように感じる。

 進みたい、でも進めない。
おそらく、この葛藤は長く続くのだろう。

 震災当時に、自らに言い聞かせるつもりで、
何度も当コラムに書いてきた。
 これからも続いてゆくかもしれない心の揺れのケアに、
寄りそい、そっと手を添えるセラピストでいたい。

2015年3月11日
心は日溜りの猫の如く
美菜香

 

|

« 4年目の311を前に | トップページ | 永代橋の大寒桜-2015 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/59235802

この記事へのトラックバック一覧です: 4年目の311:

« 4年目の311を前に | トップページ | 永代橋の大寒桜-2015 »