« 永代橋の大寒桜~2013年 | トップページ | 門仲の桜だより2013 »

だからこそ忘れない・311



 二年目の311。
私は、人ごみの中で、246分にそっと手を組み目を閉じ黙祷を捧げた。

 あの震災の直後、何かしたいのに何もできない自分がもどかしく、江東区のライフライン情報が今一つ伝わりにくかったので、自分なりに情報収集し、このコラムで配信した。
 原発問題にクラクラした。ちゃんとした知識のある人と、イデオロギーではない根本の問題で議論したかった。感情論にならずにしっかり話せる相手に飢えていた。
 食べ物も疑心暗鬼だったし、今また大きな地震が起きたらと思えば、遠くに出掛けたくなかった。
 

 そんな中でカウンセリングを学んだことは、何かの縁だったのだろう。
今、あらたに仲間を募ってのカウンセリング自主勉強会が始動しつつある。

 あの錯綜の中、自分の中でも色々混乱が生じていたけれど、「とにかく今はしっかり生きて、二年後、三年後、震災への意識が薄れそうな時にこそ活動しよう」そう思ったのだ。

 節目の今日は、どのメディアも様々な特集を組むけれど、また、自治体も、様々な呼びかけをするけれど、これを一過性のものにしてはいけない。

 灯りの乏しい街、暗い地下鉄やビル。無計画停電に振り回された日々…。人は忘れる生き物だから、記憶はだんだんに薄れてゆくけれど、あの時心に刻んだ「今をしっかり生きて、これからの世の中を支えよう」と言う思いは今も生きづいている。

 「人は忘れるからこそ生きていられる」
~だからこそ忘れない、この311を。


心は日溜りの猫の如く
❀美菜香❀
猫眠茶室
2013
年3月11日

|

« 永代橋の大寒桜~2013年 | トップページ | 門仲の桜だより2013 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/50711675

この記事へのトラックバック一覧です: だからこそ忘れない・311:

« 永代橋の大寒桜~2013年 | トップページ | 門仲の桜だより2013 »