« 月の兎 | トップページ | 巳年~たおやかに »

新月の双子座流星群

  1213日。
「双子座の新月」は意識していたのだけれど、「双子座流星群」は意識せず…。
友人からのメールと天気予報で、観察しなきゃ!の気分に。

 とにかく寒いので着こみ帽子も被って完全防備しベランダに。
10
時過ぎだったけれど、いきなり大きな流れ星がすーー。
「あ、流星!おっきい!」で、願い事掛ける間なし。

 10分ほど観測後、いったん部屋に戻ってベランダに出たら、
さっきより小さいのがすーー。
「あ、また!今度はチョットちっちゃい」で、これまた願い事掛ける間なし。

 そして10分ほど観測して、
寒さが身にしみてきたので、そろそろ戻ろうかな、と言う時、
小さい星がシュー。
「あ!最後にチビ!」で、結局願い事掛けず。

 明け方にかけて星が降っていたそうだから、寝袋にくるまって夜空を見上げていたらそれこそ数えきれないぐらい星が流れ、願い事が尽きてしまったのかもしれない。

 世の中が平安になりますように。
 清らかにたおやかに進んで行けますように。

 こんな長い願懸けも、星が数多流れる夜空を明けるまで見上げてたら、叶えてもらえたかな、と思った星降る夜。

心は日溜りの猫の如く

美菜香

20121215日記 13日にアップロード)

|

« 月の兎 | トップページ | 巳年~たおやかに »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/48339710

この記事へのトラックバック一覧です: 新月の双子座流星群:

« 月の兎 | トップページ | 巳年~たおやかに »