« 中秋前~満ちてゆく月 | トップページ | 新月の双子座流星群 »

月の兎


 10月もあっという間に過ぎにけり。

29
日の望を待つ月、
30
日の望月。

 どちらもまん丸で、しかも、秋特有の空気の乾燥のせいか、空にぽっかり浮かんでいるようで、兎の模様もくっきり。
 まさに黒猫が興味津津でまん丸にしている金色の目玉そっくり。

 この模様は、隕石がぶつかったせいでできる凹凸が形作っている、と、報じられていたけれど、それって、以前から言われていたことなので、実証されたからといって、いまさら吃驚しないし、ああそう、でも、月の兎は同じだよね、と思う。

 大げさに街頭インタビューで吃驚をかきたて、月並!な結論に落ちをもってゆくメディアに、幼ささえ感じる。
 自分の目で見て、耳で聞いて、手で触れて、歩いて、身体全体で感じて!
 五感で感じなきゃ!
そんな思いを募らせる満月の夜、でした。

 
 スマホ置き 望月を観よ 未来人

心は日溜りの猫の如く

20121031日記)

|

« 中秋前~満ちてゆく月 | トップページ | 新月の双子座流星群 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/47673968

この記事へのトラックバック一覧です: 月の兎:

« 中秋前~満ちてゆく月 | トップページ | 新月の双子座流星群 »