« 学びの日々から実践へ | トップページ | 311・一周忌~その時私は »

産業カウンセラーになりぬ

 3月9日。
 産業カウンセラー協会から白い封筒が届いた。

 あまりに薄い封筒で、しかも普通郵便なので、書籍の請求書かと思ったけれど、産業カウンセラーの試験結果は3月8日発送とのことだったので、この書簡はそれにちがいない。
 エレベーターの中で透かしてみたり悪あがき。
 合否は五分五分、とおもっていたので、やや重い気持ちで封を切る。

 「合格通知書」

 前回の講座の合否は、パウチされていて、速達で、文面が分かりにくかっただけに、あっさりした文面と簡素な送付、このギャップに首をかしげる。

 同じクラスのメンバーも、一人を除いて、皆、駄目だったかも、自信無いな~と言う気持ちで結果を待っていた模様。

 しかし!
この合格通知と共に、「産業カウンセラーとして当協会に登録されました」。
え?完了形?
と、日付けをみると、3月1日。
でも、受け取ったのは3月9日。
てことは、一週間以上前に合格して登録されているのに、悶々としてたってこと???

 結果を待つ間に、産業カウンセラーになっていた。
 知らないうちに、産業カウンセラーになっていた…。

  何だか、不思議な気持ち。
嬉しいはずだけど、喜びよりも、ようやく白黒ついて前に進め、ホッとした、というのがしっくりくるかもしれない。

2012年3月11日記 掲載は3月9日カレンダーに)

|

« 学びの日々から実践へ | トップページ | 311・一周忌~その時私は »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の封筒 | 2012年3月12日 (月) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/44459479

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセラーになりぬ:

« 学びの日々から実践へ | トップページ | 311・一周忌~その時私は »