« 産業カウンセラーになりぬ | トップページ | 永代橋の大寒桜2012 »

311・一周忌~その時私は

 3月11日2時46分。
私は、アロマテラピーの講座を一休みし、受講生と黙祷を捧げた。

 一年前の地震発生当時、自宅で片づけものをしていた。
セラピストとして進む気持ちを固め、通信社時代の資料などを大かた処分し、さて、遅いお昼を、と思った後にぐらりと揺れた。

 抜けるような青空だった。
 片づけものが早く済んでいたら、永代橋の袂の桜まで散歩していたはずだ。
 ベランダから見下ろした川は、ざぶんざぶん波打ってあふれていた。

 色々な思いと共に過ごした一年。

 まだ捨てられない資料や反古が沢山ある。でも、本当に必要なものは、脳裏に刻まれ、地となり肉となり私の中にある。不要と分かっていても捨てられないのは感傷が遮るせい。

 一年後のメモリアル、僭越ながら私が主宰するアロマテラピーのクラスでその日その時を迎えたのは象徴的だと感じている。すでにセラピストとして動き始めた現実を嫌がおうにも付きつけられたようで。


2012年3月11日記)

|

« 産業カウンセラーになりぬ | トップページ | 永代橋の大寒桜2012 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/44459501

この記事へのトラックバック一覧です: 311・一周忌~その時私は:

« 産業カウンセラーになりぬ | トップページ | 永代橋の大寒桜2012 »