« 福豆~幸せが飛んでくる | トップページ | 産業カウンセラーになりぬ »

学びの日々から実践へ

 アロマテラピーを学んだスクールのパートナーシップ認定講師試験の最終段階、「模擬講義」の発表が終了した!

 はっきり言って、きつかった。
あらかじめ提示された幾つかのテーマについてまとめ、当日指定されたテーマを講義する。何が当たるか分からないから、まんべんなく準備する必要があり、テーマによって、資料を作ったり、手作りの品を準備したり、あるいは、なにも見せるものがなければ、言葉でどのように表現するか、などなど悩む日々…。
 自分が講習を受けるとしたら、淡々と説明されても飽きてしまう。
なので、なるべくエピソードを取り入れたり、物を見せて視覚に訴えたり、受講生とのコミュニケーションをはかりたいな、と、授業の展開を構成したつもり。

 インターン生の視線を浴びての模擬講義、教室の後ろには採点する指導官。
 一応、人前で話す仕事はしてはいたのだけれど、緊張感は想像以上。始まる前から心拍数が上がり、声がちょっと震え、息が浅くなっているのが分かる。途中から少しペースが自分のものに戻ってきて、とりあえず時間内にまとめて終了。
 その場で、指導官の講評を頂く。
 何だか「スター誕生」みたい(古い…)。

 インターン生はそれぞれに工夫を凝らした講義を繰り広げ、オリジナルの資料や手作りのアロマグッズは見ていて楽しく参考になった。皆、それぞれのカラーが出ていて、頑張ってるな~、わたしももっと頑張らなきゃニャァ~、と励みになる。

 結果はともあれ、終了。
 かなりエネルギーを消耗したのか、二日ぐらい脱力状態…。

 思い返せば、1月22日の産業カウンセラー筆記試験の後、息つく間もなく突入した模擬講義の準備。時間はどんどん過ぎてゆくのに勉強がはかどらず自己嫌悪、気忙しさの中で迎えた2月5日のシャットダウン3年目は発表前夜、感慨にふける間もなく、本番に向け徹夜状態で授業の原稿を書いていた…。本当は、節目の日なので何か文章を書いて残したかったけれど、コラムどころか、日記すら書くどころじゃなくて…。
 もう、過去の思いをかみしめる日々は過ぎ、目の前に時と空間がどんどん広がっている、のだ。

 そんなわけで、学びは一段落。

  タイミング良く、カルチャーセンターで、「アロマテラピーのプロダクツ作り」と「コミュニケーション」の二つの講座を受け持つことが決まり、3月には体験講座を開くので、今日からはその準備に取り掛かった。

 節目の2月5日を超え、これからは実践の時期。

2012年2月9日記)




|

« 福豆~幸せが飛んでくる | トップページ | 産業カウンセラーになりぬ »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/44050853

この記事へのトラックバック一覧です: 学びの日々から実践へ:

« 福豆~幸せが飛んでくる | トップページ | 産業カウンセラーになりぬ »