« 2012年ー辰年の年賀状 | トップページ | 鷽替え2012 »

雪の朝2012



 朝、カーテンを開けたら眩しい朝日と共に白銀が眼に入ってきた!

2012snow1


青空に映える白い雪。
2-3
センチほど積もっている模様…。
雪かきをしている人の姿も。


 雪国育ちなので、みぞれは嫌いだけれど白い雪は嬉しい。
雪が大気の塵を包み込んでくれるせいか、空気も清涼で、肌がピリッと引き締まる。

 そういえば、年齢の割には肌が綺麗、と言われることが多いが、おそらく東北暮らしの影響だと思う。日照時間が少なく、陽射しもあまり強くない、そして、冬の雪の保湿とピリッとした空気の収斂効果。―――これが東京だと、雪は降らず空っ風だけなので肌の乾燥が進んでしまうのだ。

 今回の雪は、日中の気温が上がらないため溶けにくそう。ザラメ状態になって残るかもしれない。普通の靴だと滑りやすそうだ。

 さて、空の青さと雪の白さのコントラストを楽しみながら、亀戸天神に鷽替えに行ってこよう!

2012年1月24日記)

2010snow2




|

« 2012年ー辰年の年賀状 | トップページ | 鷽替え2012 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/43855888

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の朝2012:

« 2012年ー辰年の年賀状 | トップページ | 鷽替え2012 »