« ペンを捨てよ? | トップページ | まさに野分の15号 »

911の香り

 震災半年の911日。
思ったより暑くて湿気があるので、香を焚くことにした。
季節替わりのこの時期なので、甘い香りの沈香。
 246分に黙祷。

 そしてこの日は911。

 丁度十年前の夜、NHKを観ていたら映像が切り替わり、WTCに斜めに飛行機が突っ込み、え、何?と思った間もなく2機目も突っ込んで、これは有事だと直感した。
 丁度その日は親知らずを抜く手術、翌日は病欠するはずだったけれど、いても経ってもいられず出社して、マーケットの状況を報じたのだ。

 あれから十年。

 観るともなしにBSでセレモニーを観ているうち、気持ちが悪くなってチャンネルを切った。
 本当は、911がらみで、キッチリこのウェブコラムも書きたかったのだが、書きすすめなかった。書きたいことは沢山あるのだけれど、タイプできないのだ。
 きっとそんな思いの人が世界のここかしこにいるのだと思う。

 日中、これまで灯したキャンドルの残りを集めて、アロマエッセンスを加え911キャンドルを作ってみた。
 香りは、「メリッサ」。
 レモンバーム由来の香りで、はちみつのような甘い優しい香りがする。
精神的に落ち込んだり、親しい人が無くなって意気消沈している時に、とても効果のある香り。ただ、皮膚刺激が強いので、直接肌につけるより、間接的に香りを感じる方が有用だ。

 被災者の皆さんと、911に捧げる灯火は、
深夜を過ぎたいまもなお、メリッサの甘い香りを放ち、明々と灯っている。

201191125時記)

|

« ペンを捨てよ? | トップページ | まさに野分の15号 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/41640794

この記事へのトラックバック一覧です: 911の香り:

« ペンを捨てよ? | トップページ | まさに野分の15号 »