« 朝顔柄の浴衣で和み支援へ | トップページ | エコ猫菜園―ルッコラ収穫 »

自己管理は正確データありきで

 大型連休明けの週末、家でのんびり過ごした人が多かったのだろうか。

 わがマンションのごみ置き場には吃驚するほどのごみの山。
さらにペットボトルは、いつもの倍以上に積み上がっていた。
 先週末、福島原発1号機のメルトダウンが公表され、その他の処理も芳しくない事が伝わり、にわかに震災直後の汚染パニックが再来したのだろうか。

 小さい子供がいるママさんや、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんにとっては暮らしにくい状況だと思うけれど、二ヵ月前と違い安全な水は普通に売られているし、ネットで箱買いもできるので、あわてず焦らず、日々過ごして欲しい。
 震災直後の状況とは違い、ペットボトルの水を作る工場ラインも、物流も滞っていないし、むしろ、ライフラインに向けた製品が送りだされているから、あの、オイルショックのような愚かなパニック(踊らされた人はスミマセン)には陥らないはずだ。

 政府に切に頼みたい。
現在、放射線の漏れ具合はどのような状況で、何が安全に食べられるのか、なるべくリアルタイムのデータを提示して国民を納得させるべきだと思う。安全を確認してからデータを示す、と言われても、数日前のデータを提示されては、もう、野菜もお魚もお腹の中に入ってしまっている…。

 何度もコラムに書いたが、これは一過性の事ではなく、長く付き合わざるを得ない問題だ。10年、それ以上続く事態だと思う。しかも、想像したくなかったけれど、二ヵ月経っても放射線は減らない。つまり蓄積されているのだ。

 それゆえ、シュールだけれど、ニュースで、あるいは、民放でも、ラジオでも、各地の放射線量を、天気予報の如く、日本列島に沿って一時間ごとに提示して、各局で放送するぐらいのことをすべきだと思う。また、生産地は偽らず表示させるのを徹底させるべきだと思う。その上で、生鮮食品を、気にしない人は買うし、気にする人は避ける、という選択が成り立つ。

 民主主義であるならば、知る権利と選ぶ権利があってしかりだと思う。

2011年5月16日未明 記)

|

« 朝顔柄の浴衣で和み支援へ | トップページ | エコ猫菜園―ルッコラ収穫 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/40004452

この記事へのトラックバック一覧です: 自己管理は正確データありきで:

« 朝顔柄の浴衣で和み支援へ | トップページ | エコ猫菜園―ルッコラ収穫 »