« 大地震から2日―江東区は微震続く | トップページ | 江東区の計画停電「現在なし」 »

2号機も水素爆発へ?―福島原発

 安全に万全を期す、と言っていた原発が、1号機に続き3号機も水素爆発を起こした。放射性物質が空中に放出されている。
 津波の被害が拡大し言葉を失っているが、それに増して、原発トラブルを食い止められず、想像通りに重大な事態になりつつあることに愕然としている。二重三重の安全装置が作動せず、冷却水が漏れ出し炉心融解を生じるなんて!
 2号機も午後1時25分に冷却機能が失われ、水位が低下しているとの報道。
ということは2号機も炉心融解、水素爆発するのだろうか…。

 政府は安全だと言うけれど、福島原発の事故の影響は恐ろしい。 
新宿区に住む友人夫妻から電話が来て、安否確認と近況報告。
水や食料の買い置きが切れそうだけれど、外出するかどうか迷う、と言う。

 1号機が爆発したことがニュースで流れてから会見するなど、情報開示が後手後手。冷却のため真水を入れずに海水を入れるだの(えー、それはもう最終手段!!??この状態の海水なんて重金属も含んで不純物一杯なのに)、それも追いつかずに3号機も炉心が外気に触れただの…。そして3号機も爆発!
 情報を小出しにしていることは明らかだから、会見を見ても疑心暗鬼になる。
「万が一の事があるのでこうしてすみやかに皆さんにお伝えしています(13日の会見)」という官房長官の押し付けがましい言い訳もどうかと思う。風評被害や扇動を抑えるために言葉を選んでいるのだろうが、はっきりとした情報が示されないので逆に不安が募る。レントゲンを3回撮った程度の被爆、と説明されれば確かにイメージは湧くけれど、安全と言いきっていたのに200人近い一般市民が被曝した可能性があるなんて!

 青森の放送局時代は原子力関連のニュースも多かったので、地元の受け止め方やしがらみ、原子力発電所の恐ろしさなども体感している。恐れていたことが現実になってしまった…。安全に万全を期す、という前提で設けられた原発が放射線漏れを起こしかけている。なのに、何故情報公開しないの????

 1号機が水素爆発した後、120キロ離れた女川で放射性物質の数値上昇を観測、東京電力によると福島原発から放出された放射性物質が風に乗って漂着したとみられる。
「福島原発から銀座まで200キロぐらいあるから大丈夫とは思うけど、それでも心配だよね」と友人。
「雨が降って様子を見た後じゃないと安心できないね」と私。

 江東区役所からの防災放送が、きょうは良く聞こえない。
緊急地震速報のアナウンスだったらしい。
風向きのせいか、風が強いせいか…。
風が強くならないことを望む…。

2011年3月14日午後4時出稿)

|

« 大地震から2日―江東区は微震続く | トップページ | 江東区の計画停電「現在なし」 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/39225588

この記事へのトラックバック一覧です: 2号機も水素爆発へ?―福島原発:

« 大地震から2日―江東区は微震続く | トップページ | 江東区の計画停電「現在なし」 »