« 出来る事からー義援金・日赤情報 | トップページ | 17日夕刻以降、緊急停電の可能性 »

計画停電より計画放送で節電しては?

 未曾有の災害後一週間が経とうとし、テレビも災害報道一辺倒から徐々に普通の編成に戻りつつある。
今、3月17日木曜日の午前1時になったところ。CMはほとんどが公共広告機構に差し替えになっているが、お笑い番組や、タレントキャスターが報じるミニニュースなどが放送されていた。
 連日、やるやらない、いきなり始まった、で、市民生活に混乱をきたしている計画停電。でも、チョット待って。夜中のこの時間にバラエティー見てる人なんてほんのわずか。民放で話し合って25時以降は停波にすれば、一般家庭が節電するよりずっと大口の節電になるのでは?
 各局、何かあったら、すわ、生放送で報道を、と思っているのだろうが、いざとなったら、見るのはNHK。まず、MXは見ない。ネットワークがないテレビ東京も見ない。ご贔屓の民放一社も見るかどうか。ましてや、夜中に何か起これば非常用のラジオをつけるから、テレビは要らない。

 報道の在り方について、思うところは色々だが、今はそれを論じるつもりはない。放送にかかる電力を節約できないか、と言いたいのだ。
 
 電力が無い、というのなら、国から放送事業のお墨付きをもらっている放送局に、放送時間帯の見直し、それこそ計画放送(夜中の時間帯を区切って各局順番に放送する、ニーズの薄い放送局は夜中全面的に、あるいは日中も視聴率が低い時間帯は停波するなど)を行い、節電するのも、電力需要量を考えた上では、かなり効果的だと思うのだが…。
 沢山のチャンネルでニュースを流さなくても、今の半分のチャンネルで十分だし(現に東北は3局しかないところがある)、ラジオと違って、テレビの放送はお金もかかるけど電力もすさまじく消費する。テレビが見られなくても生命に支障はないけれど、電気が来なくて困る施設や家庭が沢山あるのだから…。

2011年3月17日午前130分出稿)

|

« 出来る事からー義援金・日赤情報 | トップページ | 17日夕刻以降、緊急停電の可能性 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/39257976

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電より計画放送で節電しては?:

« 出来る事からー義援金・日赤情報 | トップページ | 17日夕刻以降、緊急停電の可能性 »