« 音信不通のユーロスター | トップページ | 秋を飛び越え冬支度 »

お見送りをした日

 元の職場の同僚が急逝し、最後のお見送りに行って来た。

 花を手向けるときも涙ぐんでしまったが、
一番胸が詰まるのは、火葬の時。
それまでは姿かたちがあるものが、
この扉を閉めたとたん、煙になってしまう。
それをすんなりと受け入れられず、
逆に、まだこの瞬間まで、夢であればとの思いが
現実にとり変わり、また涙ぐむ。

 享年50歳。

 精進落としで、誰かが語っていたが
まさに金融業界の激動の時代を生きてきた…

 お願いした仕事には110%応えてくれて、
任せて安心だった一方で
逆に、「こんな仕事」って思っていたに違いない、とも感じてた。
状況が許せば、もっともっと仕事ができたんでしょうにと。
蓄積されたデータに基づいてコメントできる人だったから。

 なので、今は、感謝の気持ちを込めて、

 どうぞ安らかに。

 一緒に仕事をし、色々学ばせてもらったことを糧に
次につなげていきます。

1023hana

1023日記)

|

« 音信不通のユーロスター | トップページ | 秋を飛び越え冬支度 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/37364949

この記事へのトラックバック一覧です: お見送りをした日:

« 音信不通のユーロスター | トップページ | 秋を飛び越え冬支度 »