« 雹は降らなかったかも | トップページ | 音信不通のユーロスター »

スペアミント・ティー

 少し動けば汗だくだった酷暑が嘘のように手足が冷えること。
 それもそのはず、東京都で今朝(16日)は19度、日中も21度台にしか気温が上がらない肌寒い一日。35度から21度!冷房がこんな表示だったら節々が痛くなること間違いない。
 ゆっくりと秋が深まってくれれば、夏の疲れも徐々に癒え、秋の味覚も美味しく頂けるのに、がくんと涼しくなられては身体がついてゆかず、長きにわたる酷暑で胃腸の調子もいまひとつ。秋のありがたみを味わえない。
 いつもの秋の初めは、濃い目のミルクティーをゆっくり飲んで、身体の中から温まり、「秋になったなぁ~」としみじみ思うのだけれど、疲れた胃には紅茶のタンニンとミルクの脂肪がチョット負担。
 
 そこでハーブティー。
スペアミントで、フレッシュ・ハーブティーを淹れてみた。
ペパーミントの鼻を刺激する香りとはまた違い、甘くて優しい香りが広がる。

0916mint1

 「ミント」というと爽快感から夏を連想するけれど、胃腸の働きを促す働きがあり、風邪の初期の不快感を和らげるほか、リフレッシュ効果もある。
 低気圧のせいか、喉鼻が重たく、頭がぼんやりしていたけれど、かなり鼻の通りが良くなり、ボーっと感が払拭された。(おそらく風邪気味の人には、香りがたつペパーミントの方が効果あるかと思う)。おくびが出てお腹もグルグル動いてきた。お腹もすいてきた。(そんな即効性なのかな??)

 実は、このスペアミント、半額で買ったもの。
ハーブはすぐにしおれてしまうため、売れ残ると値引きされることが多い。
葉先が黒くなっていたりしたら手が出ないが、ちょっと元気が無いぐらいのものは即買い!水道水で軽くすすいで水を切り、少し空気で膨らませたファスナー付きの袋に入れて冷蔵庫に寝かせておけば翌日にはしゃきっと活き返っている。同じようにパックで売られていても、お肉とは違い、植物って生きているんだなぁ、と感動する。

 あす(17日)は再び暑さが戻るらしい。
ジェットコースターのような天気に負けないよう、
疲れた胃にハーブティーは如何?
お勧めはミントやレモンバーム。
飲みにくい時ははちみつを少したらして…。

0916mint2

916日記)
データ
<気象協会 東京地方の16日気温推移>
http://tenki.jp/past/detail/pref-16.html?year=2010&month=9&day=16

|

« 雹は降らなかったかも | トップページ | 音信不通のユーロスター »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

MIRAIさん、コメントありがとうございます。
そうですか、問題も解決したようで良かったですね。
こちらはようやく連絡が来たのですが、もうひと山ありそうです。
コメントは差し支えない範囲で引用させていただいてよろしいでしょうか?
もしよろしければ、メールアドレスを教えていただけたら幸いです。
コメントは基本的に公開しておりませんので安心して書き込んでください。
日本は秋を飛び越して冬になってしまいました。
minako

投稿: minako | 2010年11月 1日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/36781894

この記事へのトラックバック一覧です: スペアミント・ティー:

« 雹は降らなかったかも | トップページ | 音信不通のユーロスター »