« 私の記念日 | トップページ | 15年目も FUNK & ROCK !! »

minako's garden - アゲハ


 梅雨の晴れ間の6月24日。
 何やら猫たちが興奮気味にベランダに向かって威嚇したり、ジャンプしてカーテンに引っかかったり。
 minakoのイタリアン・ガーデンのシンボルツリーである檸檬に、アゲハ蝶が産卵に来ているのだ。
ベランダに出た私なんかにゃ目もくれずに、檸檬の樹のなるべく高いところ=柔らかい若芽に1ミリにも満たない黄色い卵を産み付け、10分ぐらいヒラヒラと檸檬と私の周りを舞った後、どこかに飛び去って行った。

Ageha061

(アゲハの卵 普通は葉裏に産み付けるが…)

 心を痛めるのが、レモンに育つアゲハの幼虫。
かつては、minako’s garden から、沢山のアゲハが巣立ち
おととしは越冬蛹(秋頃に生まれた青虫が蛹になって冬を越す)さえ羽化!

ただ、食欲旺盛のアゲハちびは容赦なく檸檬の若葉を食べつくしてしまう。
毎年、卵のうちに、あるいは孵化した直後の糸くずみたいな幼虫のうちに
ごめんねぇ、と除去するものの、必ず育った芋虫君がいる…。
Ageha062  芋虫君時代まではトイレに流してしまうのだが、
青虫君になってしまうと何故か可愛くなって手を出せない。
しかし!ここで情けをかけると
檸檬がもっと可哀そうな状況になってしまうので、
どちらをとるかの問題、やはり檸檬。
今年も梅雨に入る前に、取り去ったと思ったのだが…。
あーー、雨続きで観察をしなかった間に、卵が孵化したらしい。
糸くずのようなアゲハちびがあちこちに。

それにしても、地上30メートルぐらいのマンションのベランダに檸檬があるなんて何故分かるんだろう???一説によると、お里帰りして産卵する、っていうけれど、新築のマンションに檸檬の木を買ってきて二年目ぐらいにアゲハの芋虫君がついていたので、やっぱりアゲハも開拓魂があるのかしら。

 午後、近くの公園を散歩していたら、ペアのアゲハが絡み合って飛んだり、梢で羽を広げて休んだり。
「対のアゲハの~ 糸引き引かれ~」と、つい『夢芝居』の一節が口をついてしまったのでした。

Ageha063

(6月24日記)
(写真 ベランダ檸檬の葉の卵―小さい黄色の粒が2個、アゲハの幼虫―黒い糸くずのよう2ミリ位、近くの公園のアゲハ)

|

« 私の記念日 | トップページ | 15年目も FUNK & ROCK !! »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/35478241

この記事へのトラックバック一覧です: minako's garden - アゲハ:

« 私の記念日 | トップページ | 15年目も FUNK & ROCK !! »