« 猫のノミ予防 | トップページ | 猫の涙 »

オリーブの収穫~minako’s Italian garden

 1024olive1 9月に緑から紫檀色に変わり、毎日目を楽しませてくれたオリーブ。
ベランダに出るたびに、実を摘まんでは、
そろそろかな、まだかな、と収穫を心待ちにしていた。
10
22日、ベランダ出たら、オリーブが1粒落下している!

 「機が熟した」!というわけで、大小14粒のオリーブを収穫し、
二重にしたファスナー付き袋に入れて
1時間ぐらいゆっくり揉みオイルを出す。
手のぬくもりで温めながらゆっくり押してゆくと、
10
分ぐらいで実が潰れ、30分ぐらいで種が分離、
小一時間で実がペーストに近くなり、ビニールにもうっすら油膜が。
もうちょっとかなぁ、モミモミモミモミ…。

 1024olive2
結局、PCで記事を書いたりしながら2時間ぐらいかけて揉みほぐし、キッチンペーパーを敷いた漏斗に移し替え、5時間ぐらい放置すると、果汁とオイルが滴下してきた。
果汁の周りにオイルが。
もうちょっと出そうだけど、と、ペーパーを軽く絞ったらまた数滴。
結局、2~3ミリリットルのオイルを採取。

オリーブの種類は『レチーノ』というイタリア・トスカーナ地方原産の品種で、「程よくオイルを含み、味は果実の風味でフルーティー」とタグの解説にある。
小さいスプーンでオイル層をそっとすくい口に含むと、まろやかで優しい味が広がった。
オリーブは自家受粉しないのだけれど、我が家のレチーノは毎年実を結ぶ。最近、観賞用として育てる人も増えたようだし、近くの商業施設にも大きなオリーブがあるので、ミツバチが花粉を運んでくるのか…。


1024olive3_2
作業中に手についた果汁を洗い落とそうとしたら、石鹸をつけても水をはじくこと!まさに手摘み搾りたてオリーブオイル。もっと沢山取れたならパンにつけて、と思っていたけれど、今回は寝る前に手に擦り込むことにしよう。
(肌がつるつるになりそう…。)


1024日記 写真は22日~23日撮影)

|

« 猫のノミ予防 | トップページ | 猫の涙 »

猫眠茶室より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230061/31925550

この記事へのトラックバック一覧です: オリーブの収穫~minako’s Italian garden:

« 猫のノミ予防 | トップページ | 猫の涙 »